顧問弁護士と顧問契約

弁護士と顧問契約を結ぶと、どのような内容の事案でも法律的観点から回答を得ることができます。これは事前に問題となりそうな事柄を精査することによって紛争を避けることができるのです。顧問契約料は、弁護士に職種の紹介や業務問題などを事前に話し、弁護士を必要とする頻度を弁護士自身が予め設定し決め契約することになります。

顧問契約ができていると、何時でも相談に乗って貰うことができ、こんな事相談しても良いのかと迷われるような事案でもお気軽に相談することができ、電話やメールでの相談なら何度でも対応してくれ、追加料金が発生しないプランもあります。また、企業にとっては事業上の法律関係のご相談以外の役員や従業員それにその家族の事までも個人的な問題の法律相談にも対処してくれます。それ以外にも従業員の福利厚生や従業員同士の問題も顧問弁護士は解決してくれるのです。

関連リンク:アディーレ プラス | 企業法務に強い顧問弁護士なら弁護士法人アディーレ法律事務所

弁護士と顧問契約をすれば費用面でかなり安くなりますが、月々の費用がどの程度になるか想像がつかない方もおられると思います。顧問弁護士の月々の費用は弁護士によってかなり差がありますから、電話でどの程度必要かを聞いておくことが必要です。顧問料が高いと感じたら別の弁護士に聞いて見たり、ウエブサイトで調べたりされることをお勧めします。しかし、弁護士と依頼者になるものが遠く離れていると不便ですから、その点は気を付けてください。